共感と信頼をモットーとするハーモニー補聴器株式会社 文字のサイズ: 小
補聴器ってどんなもの? WHAT ONE?
デジタル補聴器とアナログ補聴器の違い デジタル補聴器の種類 デジタル補聴器の最新技術
デジタル補聴器の最新技術
ご購入いただいた補聴器は随時無料にて調整いたします。聴力の測定や調整は専門の
スタッフが随時行いますのでお気軽にお申し付けください。
◎静かで快適な会話のために(騒音制御+語音強化システム)
補聴器自体が音を雑音か会話かを判断し、雑音を抑え言葉を強調する機能です。
雑踏や車や電車内等で会話を聞きやすく強調します。
騒音下での会話の波長 騒音をカットし会話音を再現した状態の波長
<映像>騒音下での会話と、騒音制御した会話を聴き比べる。
騒音下での会話を再生 騒音制御した会話を再生
デジタル補聴器では、アナログ補聴器に比べ音を多彩に加工できます。
また、あらゆる環境の変化にも自動的に対応し、つねに快適な音質や音量を保つことのできる機能が主流になってきました。
◎多くの人の中でも聞きやすく(指向性)
通常の補聴器は周囲にある音を全て増幅しますが(無指向性)、指向性の補聴器はマイクを2つ搭載することによって前からの音と後からの音を別々に処理することができます。これにより、騒がしい場所では後方からの音を抑え、正面からの会話をより聞きやすくすることができます。最新のデジタル補聴器では、音源が移動してもそれらの状況に自動的に対応する機種もあります。
<通常(無指向性)>前後からの音が同時に入る <指向性>後方からの音を制御
◎ピーピー音を抑える(ハウリング抑制)
補聴器を装用していると、ピーピー音が鳴ることがあります。補聴器の形の問題、装着状態など、いろいろ原因はありますが、このような音漏れが原因であるピーピー音(ハウリング)はご本人や周りの方にとって不快なものです。
最新補聴器ではこのハウリングを自動的に検知し、ピーピー音から解放してくれる機種もそろっています。
ハウリング音と逆位相の波長グラフ ハウリングの音と逆の波長の音(逆位相)で音声処理することにより、不快なピーピー音を打ち消します。
このページのトップに戻る
次に進む
earmo
カスタムメイドのイヤホン
Copyright(C) 2004 Harmony Hearing Aid Co.,Ltd. all rights reserved.
本日までの訪問者数 0 0 7 3 1 6 6 2