共感と信頼をモットーとするハーモニー補聴器株式会社 文字のサイズ: 小
聞こえと難聴について ABOUT HEARING
難聴の種類と耳の構造 聴力チェック 老人性難聴とは? ご家族様へ
難聴の耳の構造
難聴は「伝音性難聴」「感音性難聴」「混合性難聴」と大きく3つに分類されます。また難聴は、耳のどの部位に原因があるかで、種類や程度が違ってきます。(※詳しくは耳鼻科医にご相談ください)

伝音性難聴
原因
中耳炎 鼓膜穿孔 外耳道変形など
外耳から中耳にかけての障害による難聴。音を大きくすれば聞こえるので補聴器の使用が勧められます。
 
感音性難聴
原因
老人性 突発性 メニエール病など
内耳や神経系、脳中枢にかけての障害による難聴。小さい音が聞きにくいだけでなく、大きな音が響いたりする場合があり。音は聞こえても意味がわからないといった症状が出ます。補聴器を正しく調整し使用すれば効果が期待できます。
 
 
両方の症状による難聴を「混合性難聴」と言います。
中耳炎が悪化して内耳が冒された場合など、いくつかのケースがあります。
earmo
カスタムメイドのイヤホン
Copyright(C) 2004 Harmony Hearing Aid Co.,Ltd. all rights reserved.
本日までの訪問者数 0 0 7 3 7 3 1 4